季節と割引制度に注目!

料金のことを気にするのであれば、自動車学校へ通う季節と割引制度にも着目すべきでしょう。まずは季節についてご紹介していきます。自動車学校は利用者の性質上、夏休みや春休みといった長期休暇中に入校する方が多く、こういった繁忙期では料金も高くなる傾向にあります。

高校や大学を卒業するのと同時に社会人になる、社会人になれば勉強の時間は確保しにくい、だから在学中に運転免許の取得をしたいと考える方が多く、特に2月や3月などの春先には利用者が殺到するため、料金も高くなってしまいます。したがってより安くおさえたいのであれば人が集まりにくい時期を見計らって入校するのがおすすめで、長期休暇の終わる10月頃はおすすめです。

この他にも割引制度に注目して自動車学校を選ぶという方法も有効です。料金の割引制度は自動車学校ごとに異なりますので、どの学校が良いのかという話はできませんが、学校によってはユニークな割引を行っているところもありますので、情報収集はしっかりと行うと良いでしょう。

王道の割引制度には学生割引などが挙げられます。万単位で料金が安くなりますので、ぜひチェックしておきたいところです。合宿プランや割引制度、季節柄に注目して、よりお得に自動車学校を利用してみてはいかがでしょうか。

合宿免許なら安くなる?

学生が運転免許の取得を希望しているというケースならば、断然おすすめなのが合宿免許で取得する方法です。合宿免許とは、免許取得に必要となる授業を現地泊まり込みで朝から晩まで受講するというプランで、まさに合宿という言葉通りの詰め込み型プランになっています。合宿プランを利用するメリットとしては、短期間で免許を取得することが可能な点や、通常プランよりも比較的安く入校できるという点が挙げられます。

まず合宿プランの免許取得までにかかる期間については、わずか2週間程度で取得が可能となっており、通常プランよりも短時間で取得できるという時間的なメリットが大きい点は魅力です。

次に合宿プランの料金についてですが、意外なことに通常プランよりも安くなっているという特徴があります。参考までに目安となる金額をご紹介しますと、合宿ならばAT20万円から22万円程度MT22万円から24万円程度となっていて、通常プランよりも安いことがお分かりいただけると思います。これは詰め込み型の授業という形が、通常プランよりも効率的であることに起因し、効率の良い営業だからこそ価格も安くおさまっているわけです。

ただし、2週間はずっと同じ場所にいなければなりませんので、学生の長期休暇のようにたっぷりと時間が確保できる方しか利用できない、利用しにくいといったデメリットも考えられます。

けっこう高い!運転免許取得費用

費用のことを何も考えずに、単純に免許を取りたいと言ってしまうものですが、自動車の運転免許を取得するために必要となる費用はバカになりません。免許取得費用の相場はだいたい26万円から30万円程度であるというデータがあり、これを見てみても高いと感じる方が多いことと思われます。

普通に働いている人の感覚ならば一カ月分くらいの給料という話になるわけですし、白物家電を購入するにしてももう少し安く抑えられることが多く、車やバイクといった乗り物を購入するよりは安いものの、それなりにまとまった金額が必要になるということは利用者にとって大きな負担と言えます。

ちなみに従来通りに自動車学校へと入校する場合、料金の相場はATの免許がおよそ26万円から28万円程度、MTの免許がおよそ28万円から30万円程度となっています。ATの自動車が多くなってきた昨今では、もはやMT免許の必要性は薄くなってきているとも感じますが、企業によっては古くから使用している車両がMT車である可能性もありますので、どうせ取得するのならこの価格の違いは必要経費のようなものだと考えるのもアリです。

このように決して安くはない自動車の運転免許取得費用は、安く抑えることはできないものなのでしょうか。当サイトでは運転免許をより安く抑えるためのポイントについてご紹介していきます。割引サービスの活用法や、免許取得を安くする季節の話、そして免許合宿について見ていきましょう。